阿部寛はハーフとの噂?身長はサバ読み?若い頃の画像は?大学や学歴は?

Pocket

お兄さんは阿部さんより20cmも身長が低いそうで、これが原因でお兄さんとは昔から仲が悪いと語っています。

阿部寛 プロフィール

本名:阿部 寛(あべ ひろし)
愛称:阿部ちゃん
出身地:神奈川県横浜市神奈川区
生年月日:1964年6月22日
星座:蟹座
身長:189cm
血液型:A型
学歴:中央大学理工学部卒業
配偶者:既婚(2008年~)
子供:長女(2011年6月)、次女(2012年11月)
職業:俳優、モデル

阿部寛さんは3人兄弟の末っ子として神奈川県横浜市で生れました。大学在学中の1985年、姉に勧められ優勝賞品の車の欲しさに「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募し見事優勝。ファッション雑誌『ノンノ』、『メンズノンノ』でカリスマモデルとして絶大な人気を誇りました。

阿部寛はハーフとの噂は?

ネット上では阿部寛さんがハーフなんですか?との質問を多く見かけます。

阿部寛ってハーフかクォーターですか?
純日本人であのスタイルと外人顔はなかなかないですよね?

平井堅阿部寛ってハーフとかですか?

平井堅さんも彫りが深くてどんな目をしているか確認できない印象をうけますが、阿部寛さんはどうなんでしょうかね?

阿部寛さんは1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビューを飾りました。当時、人気アイドルでファンだった共演者の南野陽子さんからサインをもらったと語っています。この『はいからさんが通る』で阿部さんが演じたのが、母がドイツ人でハーフという少尉の役でした。

2012年に公開された映画『テルマエ・ロマエ』では、主人公で浴場を専門とする設計技師のルシウス・モデストゥス役を演じています。この作品で阿部寛さんは『第34回ヨコハマ映画祭 主演男優賞』『第55回ブルーリボン賞 主演男優賞』『第36回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞』を受賞しました。また本場イタリアで上映された際には

約200人のイタリアの観客にアンケートを実施、100人以上の観客が阿部を「作中で古代ローマ人が最も似合う俳優」として選んだ

イタリアでも日本人には見えない!と話題になっていたようです。

そもそも2作品とも日本人役ではないのですね。これはハーフ疑惑が出ても仕方ありません。結論を言うと阿部さんの両親は日本人で本人も純粋な日本人のようです。父親が重機を製造しているコマツという会社勤務していたことや、兄弟の中で高身長で彫りの深い顔立ちなのは阿部さんだけということなどもその裏付けになっています。

身長はサバ読みとは?

阿部寛さんの身長は公式プロフィールでは189cmとなっています。テレビで見た時など周りの俳優さんと比べても全く低いように感じませんが、身長をサバ読んでいるとの噂があります。身長がもともと低いのであればサバを読む必要がありませんが、いったいどういうことなのでしょうか?

まず、写真上の中井貴一さんの身長ですが公表では181cmということでその中井さんよりもはるか10cm以上高い感じを受けます。

次に右から小坂大魔王さんが186cm、小柳友さんが187cmと公表していてお二人より3cm以上は高い気がしますね。

調べたところ身長を高くサバ読みしているのではなく、低くサバ読みしているとのことでした。実際の身長はというと、2004年に出演したドラマ「ブラックジャックによろしく」の番宣にて本人が発言していました。

「午前中は背が伸びて192cmほどになる」

このサバ読みにはある理由がありました。

現在では俳優の仕事が多くある阿部さんですが、役者として駆け出しの頃はファッションモデルという肩書きとその日本人離れしたルックスから、二枚目の役どころしか与えられませんでした。それに輪をかけ身長が高すぎて女性とのツーショットが撮りにくいとの理由で、俳優の仕事が減っていったといいます。仕事に恵まれなかった3年間はパチンコで生計を立てていたそうです。こういった背景もあり阿部さんは身長を低く公表しているようです。

身長をコントロールできるって?

俳優の阿部寛(53)が18日、都内で行われた主演映画『のみとり侍』初日舞台あいさつに出席。テレビ番組にて、プライベートでは一般人にばれないよう身体のいろいろなところを曲げる“裏技”を披露していた阿部は、同作でも身長を調整していたと打ち明けて笑わせた。

阿部のほかにも、豊川悦司(56)、斎藤工(36)、松重豊(55)と高身長の俳優ばかり。斎藤から「阿部さんは役柄の心境によって小柄に見えるときがある。心情によって自在に身長をコントロールできるんじゃないかな」と疑問をぶつけられると、「どっかの番組見ましたか?」とニヤリ。「バラエティーで『自在に変化できる』って言いましたが、斎藤くんと並ぶときは身長合わせるようにしていました。松重さんといるときは背伸びして、少しでも上にいけるように頑張りました」と冗談めかした。

俳優としはコンプレックスだった身長も、今では笑い話に変えられるまでになって良かったですよね。

若い頃の画像は?

カリスマモデル時代は今の渋いイメージとは違い爽やかな印象を受けますね。Yシャツ姿もなんだか初々しく感じますね。

1988年にはアイドルとして歌も出していました。ズボンにシャツをインしているのも時代を感じさせますね。

永谷園のお茶漬けのCMにも出演していたんですね。

明治のアイスクリームのCMにも出演していました。阿部さんにも目が行きますが、アイスクリームのパッケージがシンプル過ぎて売れ行きが心配になります。

大学や学歴は?

小学校ではかけっこが得意だったという阿部寛さん。学校は地元の横浜市立三ツ沢小学校を経て横浜市立松本中学校へ進学しました。中学校までは陸上に加え水泳もしていたということで、今の阿部さんの筋肉質な体の基礎作りになったのかもしれません。

高校は神奈川県立白山高等学校です。偏差値は42と決して高くはありませんが、部活は陸上部に所属。短距離走200mの選手として部活漬けの毎日だったそうです。この頃は身長がいくつぐらいあったんでしょうね。今ぐらいの身長だったとしたら、バスケ部やバレー部からのスカウトも結構あったのかもしれませんね。

そして、大学は中央大学理工学部電気工学科に一浪の末進学しています。偏差値も55と少し高めです。

大学は女子生徒の少ない理工学部だったため、女子目当てでテニス部に所属していたというお茶目な一面もある阿部寛さん。もし気取っているだけの二枚目であったなら今の俳優阿部寛はなかったのかもしれませんね。今後も俳優として色々な役どころも観てみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.