岸田健作はホームレス生活経験あり?病気で意識不明に?整形疑惑あり?元カノはmisono?

Pocket

笑っていいともが終了してもう4年以上経っているんですね。時の流れは残酷だなーと感じる今日この頃です。

岸田健作 プロフィール

名前:岸田 健作(きしだ けんさく)
生年月日: 1978年11月8日
出身地: 東京都足立区
身長:171cm
血液型:O型
得意料理:ショートケーキ
学歴: 東京都立江北高等学校
職業:タレント、歌手、俳優

1997年3月に「笑っていいとも!」のいいとも青年隊のオーディションに合格し、10代目いいとも青年隊として小笠原秀春さんと共にWith Tとして活動していました。2000年3月の活動終了後は「笑っていいとも!」の月曜レギュラーに抜擢、『ロンドンハーツ』などのバラエティー番組を中心に活躍しました。また、ドラマ『お水の花道(フジテレビ)』、『スタアの恋(フジテレビ)』では俳優としてレギュラー出演もはたしました。

干されて芸能界から消えていた?

一時はレギュラー番組5本あるなど人気絶頂だった岸田健作さんでしたが、突如テレビで見かけなくなりました。干されたのではとの噂もありましたが、実際には自己嫌悪に陥ったことが原因だったそうです。

岸田は引退理由について、「どの現場に行っても劣等感があった」とした上で、「バラエティーに出させて頂いても、自分にトーク力があるわけでもない。ドラマの現場に行ったとしても、素敵なお芝居ができるわけでもない。自分の実力のなさを痛感してしまった」「元祖おばかキャラって言われてたりしたんですけど、キャラじゃなくて本当のおばかだった。ステージに立ってちゃいけない人間だと思うようになった」と説明した。

とのことから26歳で自ら芸能界を引退したそうです。結構純粋で真面目な性格のようですね。求めている人がいればそれでいい気がしますが、まだ若かったのでしょうね。

ホームレス生活経験あり?

芸能界引退後はアルバイト経験もない岸田さんは仕事をしていなかったようです。その後色々な不幸が引き金となり、1ヵ月ほど代々木公園でホームレスをしていました。

ホームレスになったきっかけについて「いくつか重なったんです。自分は周りに支えられて立っているだけで、芸能人としての能力がないと思って悩んでいた。さらに実家の洋菓子店が倒産して母親が病気になり、デビューから支えてくれていた事務所のスタッフがお亡くなりになった。こうしてすべてを失ったことがきっかけでした

ホームレスをするなら代々木公園と決めていた岸田さん。その理由は公園内にあるストリートダンサーとかミュージシャンとか芸人とかが、将来を夢見て練習しているエリアがあったんです。芸がないコンプレックスを持った自分が、そういう人の姿を見て何かすごく刺激を受ける場所なんじゃないかなって思ったんです。お金がないだけなら実家に帰れば済む話じゃないですか。そこを選ばなかったっていうのは“あえて”です。

食べ物はゴミ箱をあさったり、人はからお金を恵んで貰ってしのいでいたそうです。1ヵ月ほどのホームレス生活で体重も55kgぐらいから48kgぐらいになったそうですが、それより自分自身になんの芸もないということがなにより辛かったといいます。2012年には自身のホームレス生活を綴った自叙伝「昨日、ホームレスになった。」を出版しています。

病気で意識不明になった?

岸田健作さんはホームレス生活を経て、2009年頃からアーティストとして活動を再開。2011年11月には映画『COOL BLUE』で主演もはたしました。そしてビジュアル系ロックバンド『RoViN』で活躍中の2013年2月に岸田さんに悲劇が襲いました。突然首に激痛が走り深夜に救急搬送されたのです。その後自身のブログにてこのように語っています。

「心配かけてすみません」と謝罪し、現状を報告。現在は実家に戻り、処方された痛み止めにより頭は朦朧としているものの、首の激痛からは解放されているとのこと。ただ、激痛の原因は不明で、今も絶対安静の状態。

「少し顔を傾けたり、体起こすだけで、気を失うような激痛がはしるんです。もう怖くて一度固定した状態から体を少しも動かせない。虫歯の激痛が首にきて気を失う寸前レベル」と、その痛みの激しさを伝えるとともに、「どうやら今後、手足などに痺れがきたらすごくヤバいんだって。

それに薬が切れたらまたあの地獄のような激痛が襲ってくるのかな」「寝て起きたら手足が痺れてたらどうしようとか薬が切れてあの激痛がまたきたらどうしようとか考えちゃって怖くて寝れない」

この時はわかっていませんでしたが、その後の検査で医師から過度の疲労とストレスが蓄積されたことが原因による「重度の頚部捻挫」と診断されました。安静の為、一か月ほどコルセット着用で実家で過ごしていたそうです。

また同年の9月に池袋のライブハウスで行われたビジュアル系ロックバンド『RoViN』のライブ終了後に、会場の外で倒れ一時意識不明状態に。岸田さんの両親も病院に駆けつけるなど騒然となりましたが、その後意識は戻り回復したようです。

岸田はここ数日にわたって体調不良を訴えており、病院で点滴治療を受けていた。ライブ当日も朝から体調は優れなかったといい、医師の診断では、極度の疲労と脱水症状に、栄養不足も伴った状態の中、激しいライブを行ったことが、体調の急変を招いたとされる。

悪い病気とかでなく、もともと体調がよくなかったというだけでまだ良かったですよね。芸能界に復帰してがんばるのはいいことですが、体あっての仕事です。無理しすぎるとファンも心配になってしまいますよね。

整形疑惑あり?

岸田健作さんは「いいとも青年隊」時代に比べ顔が変わったと言われていて整形疑惑が持ち上がっています。実際どうなんでしょうか?見比べてみましょう。

整形以前に年齢によって痩せたこともあるのが一点。また現在はビジュアル系ロックバンドで活動していてデビュー当時より色白ですし、化粧、カラコンもしているのでそのように見えるだけかと思われますね。また本人も「整形するならもっとイケメンに、そして出っ歯もなおす」と整形については否定しています。

元カノはmisono?

二人の交際が明らかになったのは、2014年8月3日にmisonoさんが自身のブログにて岸田健作さんとの交際を告白したことがきっかけでした。

「実は…自分が(岸田に)片想いをしていて、いい感じになれて、恋人同士みたいだったんだけど、健作が、自分の事を、好きになってくれて、改めて告白された時には、自分てきには『もう遅かった』って感じだった」

「2人とも若かったし、2人の気持ちが重なった時間は、一瞬だけしかないんだけど、どちらも”おバカ(キャラ)”だったけど(笑)共に、真剣だったし、ちゃんとしてたから、2人とも『両思いだった』と、認識している。変かもしれないけど(今は)『元彼/元カノ』って紹介のしかたをする(笑)」と話している。

お二人の交際は2001年頃からだったようで、岸田さんも後日ブログにて交際を認めています。misonoさんは現在、ハイサイド(HighsidE)のドラマーNosukeさんと結婚しましたが、以前友人として岸田さんとは仲が良いみたいです。

現在の活動は?

現在、2015年5月に立ち上げたsolo project『Ash Berry』にてヴォーカルとして活動をしています。近年アーティスト活動を中心に行っていることから、自身の居場所を見つけたのかもしれませんね。今後の活躍も楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.