元ちとせが結婚した旦那は飲食店経営者?子供はいるの?現在の活動は?

Pocket

元(はじめ)とか中(あたり)とか1文字の苗字ってなんか憧れますよね。なんとなく麻雀したくなってきました。

元ちとせ プロフィール

本名:元 ちとせ(はじめ ちとせ)
生年月日:1979年1月5日
出身地:鹿児島県大島郡瀬戸内町(奄美大島)
高校:鹿児島県立古仁屋高等学校
職業:歌手、奄美民謡歌手
事務所:オフィスオーガスタ

元ちとせさんは奄美大島南部にある嘉徳という小さな集落で育ちました。今では廃校になってしまった小学校は全校児童が4人ほどで卒業式は1人きりだったといいます。小さい頃から三味線とひぎゃ唄と呼ばれる地元のシマ唄を習っていました。中学3年生で奄美民謡大賞少年の部優秀賞を受賞、高校1年で奄美民謡大賞青年の部新人賞を受賞、高校3年生の時には当時高校生初となる史上最年少で奄美民謡大賞を受賞しました。

高校2年生の時、地元の楽器店からシマ唄のカセットテープ『ひぎゃ女童(めらべ)』発売すると、元さんが唄う『朝花節』が松竹映画『男はつらいよ 寅次郎紅の花』で使われました。高校卒業後は美容師を目指し三重県に移り、大阪で美容師をしていましたが薬剤のアレルギーの為に辞めることになります。

美容師を辞めた後、歌手を目指し上京。HMV数寄屋橋店でアルバイトをしながら悶々とした日々を送ります。2001年にインディーズデビュー、翌年の2002年にエピックレコードジャパンより『ワダツミの木』でメジャーデビューをはたしました。

結婚した旦那は飲食店経営者?

2004年1月に一般人の方と結婚しました。2002年のデビューから約2年後なので思い切った決断ですよね。一般的に芸能人は自身の人気を気にして、人気が落ち着いた頃に結婚するイメージですが、それほど元ちとせさんにとって大事な人だったのでしょうね。

旦那さんの情報ですが、2歳年上の飲食店経営者ということです。沖縄県北部で『SABABA』というお店を開いていたようですが、現在は閉店したようです。ちなみに『SABABA(サバーバ)』はイスラエルの公用語、ヘブライ語で「いい感じ」という意味です。名前からしてお洒落なので結構繁盛していたのかもしれませんね。2016年時点で奄美大島の瀬戸内町在住とのことだったので、もしかしたら瀬戸内町で新たに飲食店を開いているのかもしれませんね。

子供はいるの?

結婚をオフィシャルサイトで報告をした際、元さんは妊娠していましたが残念なことにこの時の赤ちゃんと出会うことは叶いませんでした。しかし、2005年1月に女の子2009年12月には男の子と二人のお子さんに恵まれました。

子育ては元さんの故郷である奄美大島。自然がいっぱいでのんびりしていて子育てには最適の場所です。元さんは以前のインタビューで母親の顔をのぞかせていました。

現在は奄美大島で「のんびり子育て中」という元。「地域のみんなが育ててくれるのですごく助かっています」と感謝すると、11歳の娘と6歳の息子についても「ちゃんと『ありがとう』と『ごめんなさい』は言えるように教えていますが、後は本人が島の人とたくさん触れ合う中で成長していってくれたら」と語った。

「子どもの将来は歌手?」という質問には「無いですね。私は死ぬまで歌いたいので、どこかで“ライバル”になってほしくない」と冗談めかしてコメント。それでも「上の子は西野カナちゃんやAKB48が大好き」と明かしたことから、アイドルを薦められると「そこは『無理』と先に伝えてあります」と笑わせつつ「自分で夢を見つけて努力するなら応援はしたいと思っています」と母親の顔を見せた。

代表曲「ワダツミの木」の意味は?

個人的には『音色七色』も好きですが、元ちとせさんの代表曲といえばデビュー曲でもある『ワダツミの木』です。『奄美シマ唄』と呼ばれるその独特な歌い方で聴く人を魅了し、じわじわとファンを獲得すると、発売から2ヶ月後にシングルチャートで1位となりました。

『奄美シマ唄』とはもともとは村の豊穣を願い神様に捧げる歌だったそうです。グィンと言われる独特のコブシとファルセットを多用して歌う奄美民謡です。奄美にしかない歌唱法です。シマ唄をやるとおのずと、裏声が出せるようになります。人によって使い方は様々でその人の「味』が出ます。

『ワダツミの木』の意味ですが、まずワダツミとは「日本神話に出てくる海の神」のことを言います。『ワダツミの木』というもはそもそも実在していませんでしたが、京都大学の研究グループが奄美大島に生育する新種のクサミズキを発見。このクサミズキが奄美固有のものだったこともあり、奄美大島出身の元ちとせさんの曲にちなんで『ワダツミの木』と名付けられました。また歌詞の内容ですが『ある女性が人を好きになるあまり花になってしまう物語』と悲しくて切ない内容となっています。奄美シマ唄の独特なコブシとファルセットがいっそう歌詞に深みを持たせているように感じますね。

現在の活動は?

以前インタビューでの「3人目のお子さんの予定は?」という質問に対して、「また思い切って歌に取り組んでいきたいので無いです」と語った元ちとせさん。結婚前に比べると活動は減っていますが現在も歌手活動は行っています。

元ちとせさんの唄を聴いて島唄を始めたという、同じく奄美大島出身の中孝介(あたり こうすけ)さんとジョイントコンサートを開催。ユニット名である『お中元』とはなんのことかと思いましたが、『元』と『中』それぞれの名字の組み合わせなんですね。いま気付きました。調べてみると『うたの贈り物を二人で』という意味も込められているようです。

2018年、所属事務所の㈱オフィスオーガスタの設立25周年で「ザ・プレミアム・モルツ」とのコラボレーションした企画にも参加。

今回は、その第一弾として、「ザ・プレミアム・モルツ」のTV-CMソングである『I wanna be loved by you』を『福耳』メンバーがドゥーワップで歌い上げたミュージックビデオを、サントリーの公式YouTubeチャンネルで6月29日(金)より先行公開します。

ミュージックビデオには、「ザ・プレミアム・モルツ」好きである、杏子さん・さかいゆうさん・スキマスイッチさん・秦 基博さん・元ちとせさん・山崎まさよしさんの『福耳』メンバー計6組7名のアーティストが参加します。設立25周年というプレミアムなタイミングを、プレモルファンのメンバーで乾杯し、『I wanna be loved by you』を歌い上げます。

楽曲アレンジはさかいゆうさんが手掛け、杏子さん、元ちとせさんがリードボーカル、スキマスイッチさん、秦 基博さん、山崎まさよしさんがコーラスを担当し、『福耳』らしい楽曲に仕上がりました。

ミュージックビデオ内では、楽しそうに歌う元ちとせさんの姿がありました。今後とも独自の世界観で斬新な音楽を期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.