大谷亮平は元バレーボール選手?韓国で人気?学歴は?大学はどこ?

Pocket

しかしながら、プロの道に進んでいたとしたら『川合俊一の再来』と言われ人気を独占していたこと間違いありません。

大谷亮平プロフィール

名前:大谷 亮平(おおたに りょうへい)
本名:大谷 慶彦(おおたに よしひこ)
生年月日:1980年10月1日
身長:182cm
体重:72kg
出身地:大阪府吹田市
血液型:O型
特技:殺陣、乗馬
趣味:バレーボール
職業:俳優・モデル
所属事務所:アミューズ

大谷亮平さんは182cmの長身を生かし、大学卒業後に東京でモデルとして活動していました。海外で活躍したのちに日本に活動拠点を移したことから『第2のディーン・フジオカ』とも言われていて、このことに関して本人は「境遇が似ているので、そういうふうに言ってもらえて光栄です」と語っています。特殊な経歴ともあってハーフなのではとの噂もありますが、大阪府吹田市とバリバリの関西人のようです。

元バレーボール選手って?

今でこそ人気俳優の仲間入りを果たした大谷亮平さんですが、意外や意外スポーツに打ち込んでいた時期がありました。そのスポーツとはバレーボールです。10歳の頃からバレーボールを始め、吹田市立西山田中学校に進学。中学3年生の時には大阪府の大会で優勝をしています。その後、大阪にあるバレーボール強豪校である清風高等学校では3年生の時に大阪代表選抜チームのキャプテンに選ばれ、全国大会に出場するほどの実力があったようです。

大学にはバレーボールの特待生で入学し、将来を有望視されていましたがモデルの活動に専念するためにバレーボール選手としての道を断念しました。しかし、バレーボールは今でも好きなようで社会人バレーボール部や同好会などに所属してプレイしているようです。

身長182cmは一般の人からすると高いですが、バレーボール選手という立場からするとそんなに高い方ではありませんよね。全国大会に出場するほどの実力があったとはいえ、選手時代にはそれなりの葛藤があったことでしょう。

また、のちに大谷さんはバレーボールに対してこのように語っています。

「バレーがなくなったら自分の半分がなくなる」というほど、子供の頃からバレーに打ち込んだ。「ずっとバレーを通して育った。ボクの人生の一部。人間形成するうえで、バレーなくしては考えられない」。

当時、大谷さんがいかにバレーボールと真剣に向き合っていたのかがわかりますよね。

韓国で人気?

大学卒業後に東京でモデルとして活動していた大谷亮平さんですが、2003年にひとつの転機が訪れます。イ・ビョンホンなど韓国のイケメン俳優も出演する『ダンキンドーナッツ』のCMに抜擢されると韓国での人気に火が付きました。これを機に約1年後に韓国の芸能事務所から誘いを受けることとなります。2004年には韓国語もわからないまま活動拠点を韓国に移し、現代自動車、KTFオリンパスなどのCMに出演しました。

CMが評判を呼び、2006年にはコメディドラマ『ソウルメイト』に出演し俳優デビューを飾ると、韓国ドラマ『家に帰る道、『ヒーロー』、『追跡者 THE CHASER、映画『神弓-KAMIYUMI-』、『バトル・オーシャン 海上決戦』など数多くの作品に出演。バラエティ番組『日曜日が良い-ルームメイト2』ではレギュラーを務め、若者の支持も獲得し世代を問わず大人気となりました。また2014年の朝鮮ガンマン韓国ドラマアワード2014グローバル俳優賞を受賞し、バレーボールのみならずここでもまた非凡な才能を見せつけました。

韓国での成功をおさめると、2016年に芸能事務所であるアミューズと専属契約を結び本格的に日本での活動をスタート。『ラヴソング』、『逃げるは恥だが役に立つ』、『奪い愛、冬』などヒット作に出演し日本での人気も獲得しました。

学歴は?大学はどこ?

大谷亮平さんの父親の実家が高知県で旅館をしていて、遊びに行くことがあったのですが、とにかく人見知りが激しくて、母親の後ろに隠れてばかりいたんだそう。

今では想像できませんが、幼少期の頃はかなりの人見知りだったようですね。小学校にあがりバレーボールに出会うわけですが、これをきっかけに人見知りも直っていったのでしょうね。大谷亮平さんが通っていた出身小学校ですが、残念ながらわかっていません。ただ、通学区から吹田市立山田第三小学校か吹田市立西山田小学校なのではとの噂もあります。

中学校は吹田市西山田中学校を卒業していて、高校は大阪にあるバレーボール強豪校である清風高等学校スポーツ推薦で入学しています。池谷幸雄さん(元体操選手)石井慧さん(柔道家)などオリンピック選手を何人も輩出している男子校です。スポーツだけでなく文武両道を掲げていて偏差値も62~71と高めです。他にも今田耕司さん(お笑い芸人)、秋山成勲さん(総合格闘家・柔道家)なども卒業生のようです。

バレーボールに打ち込んでいた高校時代の楽しみは食べることだったみたいですね。

運動系の部活はお腹が空くので、朝練の前に学校の隣のパン屋さんに隠れて行って『ピロシキパン』を買って食べるのが楽しみで、一度に3、4個も一度に食べていたんだとか。

隠れていくのは部活の先生がとても怖いからで、「パンを買食いしていたことがバレでもしたら”終了”でした」と2018年6月9日放送のバラエティ『人生最高レストラン』で語っていました。

大谷亮平さんがバレーボールの特待生として進学した大学の情報ですが、バラエティ番組の『あいつ今何してる?』に出演した際に、都内の大学を卒業したことを話していましたが具体的な大学名はわかっていません。しかし、韓国に住んでいたころは韓国語の勉強のために延世(ヨンセ)大学に通っていたそうです。

妻(嫁)はいるの?

大谷亮平さんは結婚して妻がいるかとの情報ですが、現在まだ独身で彼女の噂もないようです。今は日本に活動拠点を移して間もないので大事な時期なのでしょう。というより、それ以上に仕事が楽しいのでしょうね。今後とも大谷亮平さんに注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.