野村萬斎の嫁(妻)は野村千恵子?息子の身長・学校・画像は?

Pocket

昔ヘビメタ系のバンドでヴォーカルをしていたこともあるという野村萬斎さん。よく考えてみれば確かに狂言と通ずるものがありますよね。

野村萬斎 プロフィール

名前:野村 萬斎(のむら まんさい)
本名:野村 武司(のむら たけし)
生年月日:1966年4月5日
出身地:東京都
血液型:B型
身長:174cm
職業:狂言師/俳優
学歴:東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻

狂言師また俳優でもある萬斎さんは、4人兄弟の3番目で姉2人、妹1人と女性に囲まれて育ちました。3歳で初舞台に立ち、1989年に東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻を卒業後、1994年『萬斎』を襲名しました。

狂言とは?

狂言とは、歌舞伎や能や猿楽などの舞台芸能の中でも、滑稽な部分を抽出して観客を楽しませるジャンルの伝統芸能なのだそうです。

歌舞伎の舞台を目の前に手を叩いてゲラゲラ笑うと客席で浮くかもしれませんが、狂言を目の前にゲラゲラ笑うのはOK!

別名笑いの芸能ともいわれています。

俳優 野村萬斎

17歳で黒澤明監督の『乱』に出演。その後大河ドラマ『花の乱(NHK)』、朝の連続テレビ小説『あぐり(NHK)』に出演し知名度をあげました。そして2001年に映画『陰陽師』で主演の安倍晴明役を演じ、圧倒時な存在感で日本アカデミー賞 新人俳優賞・優秀主演男優賞などを受賞。一躍有名になりました。

映画『陰陽師』といえばフィギュアスケートの羽生結弦選手が、野村萬斎さんの演じた安倍晴明をモチーフにした『SEIMEI』をフリープログラムで行ったことでも有名です。

確かに衣装もどことなく似ていますよね。トップアスリートにも大きな影響を与えているんですね。

映画『のぼうの城』でも日本アカデミー賞 優秀主演男優賞に輝いた野村萬斎さんですが、映画『シン・ゴジラ』ではゴジラ役もこなしています。とはいっても実際にコジラの中に入っているのではなく、モーションキャプチャーを付けた萬斎さんの動きをデジタルデータに置き換え記録し、CGで作成したゴジラに反映させるというものです。

新しいことにチャレンジすることで演技の幅が広がり、野村萬斎という演者が作られているんでしょうね。

和泉元彌との関係は?

野村萬斎さんと和泉元彌さんは『また従兄弟(いとこ)』の関係です。和泉元彌さんも狂言師ということですが、能楽協会などはこれを正式に認めておらず、自称狂言師とのことです。実際に狂言師としての実力も雲泥の差があるようです。

和泉元彌は野村萬斎とも他の狂言師とも比べ物になりません。父親が早くに亡くなってしまったために稽古をつけてくれる人がおらず、また他の誰かに教えを請うこともしていません。

野村萬斎は他のメディアなどに登場することも多いですが、しっかりやっています。

嫁(妻)は野村千恵子!

1996年に学生時代の後輩で3歳年下の勝田千恵子さんと結婚しました。萬斎さん30歳、千恵子さん27歳と時でした。お二人は小学校の頃からの知り合いで、学生時代から交際していました。奥さんは一般の方のため画像などなありませんが、元キャビンアテンダントでとてもキレイな方だといいます。

子供は?息子がいる?

1997年に長女『彩也子』さん、1999年に長男『裕基』くん、2006年に次女『彩加里』さんが生まれ3人のお子さんがいます。学校についてですが長女 彩也子さんと次女 彩加里さんの学校は白百合学園、長男 裕基くんは立教小学校~高校なのではと言われています。

息子も狂言師!?

長男の裕基さんも父親と同じ3歳で初舞台に立ち、演目も同じ『靱猿(うつぼさる)』を演じました。公文のCMでは親子で共演し、父親より身長が高いことで話題となりました。

萬斎さんの身長が174cmということなので180cmぐらいあるのでしょうか?『父親を超える狂言師になりたい!』と語っている裕基さん。今後が楽しみですね!

狂言師という枠だけにとどまらない野村萬斎さん。また一味違った野村萬斎を見せてくれることを期待しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.