浅利陽介の嫁(妻)・子供は?顔の傷?

Pocket

個性派俳優の地位を確立しつつ、ドラマにひっぱりだこの浅利陽介さん。名前を聞いてもピンとこない方もいると思いますが、きっと知っています(‘ω’)ノ

浅利陽介 プロフィール

本名: 浅利 陽介
(あさり ようすけ)
生年月日: 1987年8月14日
出生地: 東京都
身長: 162cm
体重: 不明
血液型: O型
職業: 俳優
配偶者: 既婚(2015年 – )

チャップリンの映画が大好きだったことから、両親が4歳で『劇団東俳』に入団させ、すぐにCMデビュー。

事務所を『ビーコン・ラボ エンターテインメント』移籍後は1996年に放送されたNHK大河ドラマ『秀吉』で若干9歳で大河ドラマデビューを果たします(‘ω’)ノ

1999年にはNHK朝の連続テレビ小説『あすか』で連続テレビ小説デビューもしています。

しかし、浅利陽介さんといえばこれですよね!『キッズ・ウォー3(TBS系)』不良少年・風間一平役を見事に演じ、その高い演技力が認められました(*’ω’*)

このドラマを皮切りに役者人生が大きく開けたといっても過言ではありません(‘ω’)ノ

子役時代から脇役ばかりだと思われがちですが、2011年に放送された『ひとりじゃない(BSフジ)』2010年に放映された映画『手のひらの幸せ』『パートナーズ』では主演も務めています(‘ω’)ノ

そんな浅利さんですが、インタビューで主役と脇役どっちが楽しい?との質問に

「脇役ですね。特に連続ドラマのゲスト出演は楽しいです。個性的な役が多いので、自分の芝居を試せます。撮影期間が短いと、そこに全力投球できますし」

と語っています。

その言葉を裏付けるように、『ROOKIES』『相棒』『真田丸』『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』など数々の話題作に出演しています。

楽しんでいるからこその結果ですよね(*’ω’*)

嫁・子供は?

2015年に交際していた一般女性と結婚されました。

一般女性のため、詳しいことはわかりませんが、お二人の間にお子さんはいないようです(*’ω’*)

馴れ初めは?

浅利陽介さんは立正大学出身で奥さんも同じ大学出身のようです(‘ω’)ノ

浅利さんが2010年に出演した『はなまるマーケット(TBS系)』で大学のサークル内に特別な人がいるようなことを示唆する発言をしていたそうです。

俳優業の傍ら、大学に通って素敵なキャンパスライフを送っていたんですね(*’ω’*)思えば、子役時代は芸能活動が忙しく青春らしい青春を送っていなかったのかもしれませんね(´・ω・)

ただ、奥さんは噂によると石原さとみさん似の美人らしいので、青春時代をとっておいて良かったのかもしれませんね(;^ω^)

顔の傷は?

浅利陽介さんの頬をよくみると、ニキビ跡のような傷があります。『キッズ・ウォー3(TBS系)』での不良役の印象で喧嘩でできた傷なのでは?という噂もありますが、浅利陽介さん自身は『顔の傷は生まれつきのもの』と答えています(‘ω’)ノそれも一つの個性ですよね(‘ω’)ノ

結婚、仕事に順風満帆な浅利陽介さん。多くの子役が消えていく中で、今まで役者という道を進んで来れたのは、着実に大物俳優へと成長しているからなのでしょう。

今後とも、浅利陽介さんに注目です(‘ω’)ノ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.